Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2018-10-16未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N7156CZ 114pt
連載中.

はみだしてあぶない刑事

助三郎

全76話[250,997文字] 推理〔文芸〕 残酷な描写有り
 警察官として仕事一筋。恋愛もプライベートもそっちのけで、気付けばアラサーになっていた。そんな大端幸恵は、ある日聞き覚えのない部署への配属が決まる。

 しぶしぶと、強面な刑事達の冷たい視線の中を通り抜け入った部署は、磨りガラスで無理矢理、境を作っただけの小さな部屋。しかも所属している職員は女性だけの特例な「刑事部預かり特別捜査室」だった。
 刑事部の管轄でありながらも正式な捜査権がなく、事件の警報が鳴っても我関係なしにのんびりとお茶をすすって雑談している、そんな特殊な部署に気真面目な性格の幸恵は配属早々困惑してしまう。

 プライドの高い刑事部捜査第一課の強面刑事達からの捜査協力依頼、つまり「お手伝い」要請が出ないと正式に捜査に乗り出してはいけないという制限がある特別捜査室の中で、自由人でかつ問題児でもある鷹岡光希は、勝手気ままに捜査室を抜け出しては一課の捜査の邪魔ばかりで煙たがれていた。
 幸恵は警察学校の同期だった事もあり、そんな彼女の相棒兼お目付け役として彼女の面倒を押し付けられてしまうのだった。

'残酷な描写あり ミステリー サスペンス 女主人公 刑事 警官 現代 アラサー 相棒 死体 バディ ギャグ #はみあぶ刑事'
全76話[250,997文字]
各話平均3,303文字
[推定読了8時間22分]
お気に入り登録:29件

評価人数:6人(平均4.7pt)

最新作投稿:2018年06月06日(09:00:00)
 投稿開始:2015年11月30日(14:08:24)
 投稿期間:2年6ヶ月

最近の総ポイント変動
今日114

±0

昨日114

±0

一昨日114

±0

3日前114

±0

4日前114

±0

5日前114

±0

6日前114

±0

7日前114




ページのトップへ戻る