Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2021-01-08未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N5295GP 0pt
短編.

夜は涙の溜まる場所

伏籠 洋介

全1話[2,820文字] 純文学〔文芸〕 R15
無明を胸に抱く私は二千二十年東京オリンピック歌姫として国歌斉唱の栄光を授かる。
私は心中に救う無明に言う。
もう私は完ぺきな神のごとき光に包まれている、もうお前に居場所はないと。
私が無明の存在を知ったのは、祖母に添い寝してもらっているときに、妹がそこに割り込んできた時だった。私は涙を流し、ベッドを濡らした。
その次に無明が現れたのは音楽大学の声楽家の時私より歌がうまい女の子にあった時だ。その子のパパとママはイタリアの楽団に所属していて、あの子の歌はイタリア仕込みらしいと聞いた時だった。無明は私をさいなんだ。
 私のママは女優をしていて、映画で賞を取り、みなママに夢中だった。パパはニュースキャスターで報道番組をしている。
眠らず努力して、何時も皆さんを照らす光とおなり
パパは私にそう言った。
 寸暇を惜しんで光を求めた私はF-1レーサーと結婚し、セレブになった。
 子供も授かった私はそれにふさわしい世界を求めた。
 たとえ中東で世界殺人オリンピックが行われていても。力、技、芸術点を殺人で競う。
 オリンピックのオーディションで私よりうまい子がいた。しかし私は組織票で勝った。
 花束贈呈の時、その子は私の首筋に牙を立てた。
 私のほかに無明を抱えた人間がいるのを私は知った。
 開会式の日私は夢を見た、太陽の光に包まれて、空井戸に石を投げ入れる。カラーンと空虚な音がした。
 目を覚ました私はベッドサイドの花瓶の水を飲んだ。
 腐っていた。
 いよいよ国歌斉唱の時、私は息をのんだ。
「き」
「み」
 声が出ない。
 気が付くと私は暗がりに寝かされていた。
 私は無明に問うた。
 夜は何のためにあるのか。
 生まれて初めて無明は答えた。
「夜は涙の溜まる場所」
 と。

R15 私小説 近未来 シリアス 女主人公 未来 職業もの
全1話[2,820文字]
各話平均2,820文字
[推定読了0時間6分]
お気に入り登録:0件

評価人数:0人(平均--pt)

最新作投稿:2020年11月14日(10:10:55)
 投稿開始:2020年11月14日(10:10:55)

最近の総ポイント変動
今日0

±0

昨日0

±0

一昨日0

±0

3日前0

±0

4日前0

±0

5日前0

±0

6日前0

±0

7日前0




ページのトップへ戻る