Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2019-11-10未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N9969FV 2pt
短編.

指の先から、雫が滴っていた。

白藤あさぎ

全1話[667文字] 純文学〔文芸〕
僕と彼女の最終話。
超短編。2分で終わります。
読後の解釈に関していくつかイメージしていますが、自由に解釈していただければなと思ってます。
…文章量が足りなくてそもそも状況が全くわからないなんてことにもなりかねないかもしれません…
(キーワードにヒント的なものを含んでます)

こちらは『12月の戀紬』のうちのひと月ぶんです。
不定期更新・長編と掛け持ちになる可能性もあります;
短編集として連載小説にしてしまうといつ完結できるかわからなくなるので、小出しにしていきます。

悲恋 サイコホラー こじらせ 狂愛 ダーク 狂気 夫婦 嫉妬 現代 ストーカー 勘違い 幽霊 すれ違い 殺人鬼
全1話[667文字]
各話平均667文字
[推定読了0時間2分]
お気に入り登録:1件

評価人数:0人(平均--pt)

最新作投稿:2019年11月09日(22:00:00)
 投稿開始:2019年11月09日(22:00:00)

最近の総ポイント変動
今日2

±0

昨日2

±0

一昨日2

±0

3日前2

±0

4日前2

±0

5日前2

+2

6日前0

±0

7日前--データ未取得


白藤あさぎ 先生の他の作品

完結済 [N7460FI] kwsk 旅人と黄金色の文字


ページのトップへ戻る