Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2018-06-16未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N9637EU 63pt
完結済.

浜千鳥

齋藤 一明

全5話[20,676文字] 純文学〔文芸〕
 冬の荒れた浜で、女は行き倒れの武士を拾った。男の綿入れ欲しさにネグラに連れ帰ったのだが、その顔をマジマジと見て女は後悔した。自分を仇と追っている夫だったのだ。
 捨てに行こうにも体調が悪く、仕方なく女は男をネグラに運びこんだ。
 ネグラは鉱山の試掘坑。真っ暗で狭い穴倉の奥底で、女はいったいどうしようとするのか。
 女はいくつも夢を見、ずっと前に死んだ祖母と語り合う。
 その導きにより、女は死を受け入れることにする。

厳冬 焚き火 女仇討ち
全5話[20,676文字]
各話平均4,135文字
[推定読了0時間42分]
お気に入り登録:9件

評価人数:5人(平均4.5pt)

最新作投稿:2018年06月15日(08:47:37)
 投稿開始:2018年06月13日(13:30:38)

最近の総ポイント変動
今日63

±0

昨日63

±0

一昨日63

±0

3日前63

±0

4日前63

±0

5日前63

±0

6日前63

±0

7日前63




ページのトップへ戻る