Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2020-07-08未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N9409GG 292pt
連載中.

暗殺者ギルドを追放されてしまったアサシン、神によって【神器】の使い手に選ばれたので、聖女に養われながら『アサシン崩れの陰の勇者』になる

メソポ・たみあ

全50話[149,448文字] ハイファンタジー〔ファンタジー〕 R15 残酷な描写有り

 幼少の頃から暗殺者ギルドに〝最強の暗殺者〟として育てられた少年ラクーン。
 彼は若いながらに凄腕の殺し屋として認められ、『狂犬』と呼ばれ恐れられていた。
 しかしギルドマスターから疎んじられていた彼は、とある暗殺に失敗したことを口実に暗殺者ギルドから追放されてしまう。

 だがギルドから追放された直後、彼は神々の代理者によって【神器】の使い手に選ばれ、ランク〈D〉の【ダークナイフ使いの勇者】となる。


 暗殺者という生い立ちにも拘わらず【勇者】となったラクーンだったが…………彼はそもそも、世間一般で言う【勇者】という存在を知らなかった!


「【勇者】? 【勇者】ってなんだ? 俺は暗殺者なんだが」


 特殊すぎる育ち故に、暗殺者以外の生き方がよくわからないラクーン。
 そんな彼の下に【モーニングスター使いの勇者】であるシスター・リリーが現れ、共に魔族と戦ってほしいと願い出る。


「悪いが、俺は殺し以外の生き方を知らない」
「で、では、私が教えてあげます!」
「それに殺し以外知らないから、普通の生活も出来ない」
「な、なら、私が貴方を養ってあげます!」


 紆余曲折の果てにリリーと同居し、養われることになったラクーン。

 だが、この時はまだ誰も知る由もなかった。
 最低ランクの【神器】を持つラクーンが、いずれ【聖剣使いの勇者】を超える最強の【神器使い】となることに……。

 これは暗殺者としてしか生きられなかった少年に、初めて〝守りたいモノ〟が出来る物語。

 ※50話まで書き上がっているので一気に上げていきます。カクヨム様・ノベルバ様にも投稿しております。

  タイトル&あらすじ変更致しました。旧タイトル『アサシン崩れの格下勇者でも ~暗殺者ギルドを追放されたアサシン、神に選ばれて聖剣勇者よりも強い陰の勇者になる~』

R15 残酷な描写あり オリジナル戦記 暗殺者 アサシン 陰の勇者 ざまぁ 成り上がり ファンタジー 割とシリアス ESN大賞2
全50話[149,448文字]
各話平均2,989文字
[推定読了4時間59分]
お気に入り登録:89件

評価人数:12人(平均4.8pt)

最新作投稿:2020年07月07日(18:00:00)
 投稿開始:2020年06月01日(12:07:04)
 投稿期間:1ヶ月

最近の総ポイント変動
今日292

+6

昨日286

±0

一昨日286

+2

3日前284

+2

4日前282

+2

5日前280

+2

6日前278

±0

7日前278




ページのトップへ戻る