Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2021-01-26未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N8861GQ 394pt
連載中.

お兄ちゃんみたいな冒険者になりたくて ~無自覚の少女はあまりに強すぎて、うっかり世界を滅ぼしかねない~

高瀬ユキカズ

全49話[149,222文字] ハイファンタジー〔ファンタジー〕
【あらすじ】
「ここが憧れの冒険者組合か……」
 お兄ちゃんのような冒険者になりたくて、勇気を出して冒険者組合へやってきた。
 だけど、こんな非力な少女が冒険者だなんて、みんなは馬鹿にする。
 ゴブリン退治の依頼を受け、一級冒険者のライラさんが同行してくれることになった。
 ところが二百を超える魔物に囲まれてしまう。
「無理……こんな数……」ライラさんは恐怖する。ん? 演技だよね? あいつら弱そうだし。これは、弱い相手でも油断しちゃいけないという先輩からの教えなのだろう。きっと……。
 とりあえず逃げることになった。追ってくる敵を、私は森の木々ごと薙ぎ払う。後ろには五十を超える死体の山ができていた。振り向いたライラさん。目を見開いて固まる。
 その間にほかの敵は逃げだしていた。何かに恐れていたようだ。きっと一級冒険者のライラさんに恐怖したのだろう。さすがライラさんです。
 帰りに立ち寄った食堂で、ライラさんはなかなか口を開いてくれない。やっとのことで話しかけてくれた。
「どうしてあいつらは逃げてくれたの……」
「ライラさんがあまりに強くて逃げ出したのではないですか?」
「んなわけないでしょ……」
 なんだか、ライラさんの視線が痛い。
「それに、あれだけたくさんの数の魔物がいたなんておかしいとは思わないの?」
「初めての依頼だったので、あれが普通だと思っていました」
 おばかな子を見るような目でライラさんが見てくる。
 どうしてそんな目で私を見るのだろう?
 だって、私は今日、冒険者になったばかりなんだよ。当たり前の日常だと思うじゃない。
「私たちが逃げ出したでしょ。それで、後ろを振り向いたらたくさんの死体があるし。あれで思考が完全に停止」
「ああ、あれでしたら私が……」
「ん?」
「私が倒して……」
「んん?」
「えっと、まだ今日、冒険者になったばかりですし、あんなことしかできませんが……。一級冒険者ならきっと、もっと凄いんですよね。私はあのくらいしかできませんけど、どうか見捨てないでください!」
 ライラさんに見限られないように懇願する。だけど、ライラさんは頭を抱える。あの程度しかできない私に呆れているのだろうか。

これは十四歳にして能力をカンストしてしまった少女フィルのお話。フィルは自分の力に無自覚のまま七級冒険者となる。

冒険 ギャグ 女主人公 人外 西洋 中世 チート 魔法 ダンジョン ざまぁ 主人公最強 恋愛 コメディ 冒険者 無自覚
全49話[149,222文字]
各話平均3,045文字
[推定読了4時間59分]
お気に入り登録:95件

評価人数:24人(平均4.3pt)

最新作投稿:2021年01月25日(12:33:28)
 投稿開始:2020年12月12日(14:03:45)
 投稿期間:1ヶ月

最近の総ポイント変動
今日394

±0

昨日394

-2

一昨日396

+18

3日前378

+6

4日前372

+8

5日前364

+12

6日前352

+48

7日前304




ページのトップへ戻る