Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2019-11-05未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N8660ES 67pt
連載中.

永遠のハートランド 〜世界樹が見せた中世中欧の国〜

大津乙彦

全95話[763,821文字] 歴史〔文芸〕
 これは、世界樹の森で見た、遥か昔、遙か遠くの夢の記憶。
 中世、中欧にスイスという国がまだ生まれる前、そして建国の時を迎えようとしている胎動の時代。
 神聖ローマ帝国は長く王の空位の時代が続いて、アルプスの領邦はそれぞれに独自の自治を築き上げていたが、新しくハプスブルク家の王が立つと、それらの領は次々と王の支配下に組み入れられていった。
 一番山奥の領邦で、修道院を主な領主とするウーリは、アルプスの峠道の開拓をし、独立の自治の体制を築き上げていた。それは青空会議で政治的決定をする直接民主制で、王や領主からも独立した自治の特許を得たものだった。このウーリにも新しい王の魔手は迫っていた。
 ある日、羊飼いのアルノルトと妹のアフラは迷子の子羊を追い掛けて、眠りの森の中に大きな楢の木と小さな家を見つけた。そこで出会ったヴァリス人の子供に手掛かりを聞いて、さらに山を探して歩くと、そこで高貴な人々に出会う事になる。それは周辺国の王族の子供達だった。アフラは王族の子供達に気に入られてしまい、そこからこの兄妹達とウーリに様々な騒動と、歴史的出来事が起こって行く。
 そして、この子供達は旅を通じて成長して行き、弓の名手、ヴィルヘルム・テルと共に、スイスの建国の前身を作って行くことになる。

 この物語は夢の中の風景であるに関わらず、実在の人物が登場する、スイス建国の詳細な物語でもあります。
 読む人は中世中欧の当時の生活風景や、今や消えかけたその伝統を、明快な歴史ビジョンで辿って見て行けます。そのため、所々、学究的な難しい話を含みます。
 中世ヨーロッパの精神の中心に到達する、夢の奥源の旅でもあります。

 この作品には歴史研究として5つの試みが篭められています。
 ① スイス建国の歴史的背景、中世当時の民族風景を描く
 ② スイス圏を始め、ドイツ、ブルグンド、イタリア、チェコ、
   中央ヨーロッパの歴史文化を広く拾遺し、文化や思想の源流を描く 
 ③ 初期ハプスブルク王家とブルグント圏との戦いの歴史に、新たなビジョンを示す
 ④ 当時を席捲し、消えていった、エックハルトの神学を判りやすい言葉で解題する
 ⑤ 中世当時の医療のあり方と、ハーブ医療の歴史

 これらを研究する方は、より明快な全体像を見ることでしょう。

ヒストリカル ホームドラマ 史実 逆行転生 中世 騎士 スイス ローマ ドイツ ブルグント 修道院 自治 歴史 神聖ローマ帝国
全95話[763,821文字]
各話平均8,040文字
[推定読了25時間28分]
お気に入り登録:25件

評価人数:2人(平均4.3pt)

最新作投稿:2019年11月04日(20:26:59)
 投稿開始:2018年05月04日(18:46:46)
 投稿期間:1年6ヶ月

最近の総ポイント変動
今日67

±0

昨日67

±0

一昨日67

±0

3日前67

±0

4日前67

±0

5日前67

±0

6日前67

±0

7日前67




ページのトップへ戻る