Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2019/10/17未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N8618FD 169pt
連載中

ゲノムの聖痕

悠月 奏

全353話[1,636,328文字] アクション〔文芸〕 R15 残酷な描写有り
『オメガと呼ばれた少女たちは、人外の異能を持つDNA変異体だった――。』

 人間にはおよそ37兆個の細胞があり、その形質はすべて遺伝子(DNA)によって保たれている。ところが分子生物学の世界では、それらDNAのうち、実に97パーセントが実際には何の役にも立たない〈ジャンクDNA〉である、と看做(みな)されていることを知っているだろうか。
 この物語は、破滅に向かって突き進む人類文明のなかで生まれた、人外の異能を持つDNA変異体である少女たちが、その存在理由と人間の再生を賭けて戦いに身を投じていく姿を描くものである。
 青白く光る眼を持ち〈オメガ〉と呼ばれた少女たちは、なぜ殺戮を繰り返すのか。彼女たちの異能の正体とは何か。歴史上、何度も人類が絶滅の危機に陥ったことを科学的に証明するDNAの痕跡〈ボトルネック〉とは……?

 物語は、新任の陸軍少尉・石動士郎(いするぎしろう)率いる小隊が、大陸での作戦中に壊滅の危機に陥るところから始まる。その窮地を、圧倒的な力で救った〈オメガ〉と呼ばれる異能の少女たち。
個性あふれる彼女たちと一緒に戦うこととなった士郎だが、やがて「不死」の異能を持つ神代未来(かみしろみく)という名の銀髪の少女が、幼い頃の士郎とかつて出逢っていたという事実が判明する。

時間(とき)を超えて互いに惹かれ合った二人の関係は、やがて〈オメガ〉と〈ジャンクDNA〉の秘密に迫る鍵となっていく。
人間の遺伝子情報〈ヒトゲノム〉に隠された「種の保存」システムの驚くべき真実を、やがてあなたは知ることとなる――。

 今からほんの60年ほど先の近未来。物語の舞台は、客観的な国際情勢シミュレーションと未来科学に基づいた、緻密でリアルな世界です。放射能汚染が深刻化する戦乱の東アジア。そこで繰り広げられる絶望の戦いの果てにあるものとは……!?

【この作品は「カクヨム」様にも掲載しています】
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887641068

R15 残酷な描写あり オリジナル戦記 異能力バトル 近未来 電脳世界 パンデミック ダーク 男主人公 人外 未来 ミリタリー 群像劇 少女 戦争 人類絶滅 恋愛
全353話[1,636,328文字]
各話平均4,635文字
[推定読了54時間33分]
お気に入り登録:76件

評価人数:2人(平均4.3pt)

最新作投稿:2019年10月16日(07:00:00)
 投稿開始:2018年12月01日(12:00:00)
 投稿期間:10ヶ月

ただいま集計作業中

02:30頃までこの欄は表示されません




ページのトップへ戻る