Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2019-01-16未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N8313EZ 223pt
連載中.

鏡の国のバカ

阿部ひづめ

全112話[303,406文字] ローファンタジー〔ファンタジー〕 R15 残酷な描写有り
2018年、東京。
科学技術が発展した世界で観測されたのは、相対的別世界『鏡の国』の存在だった。

御年25歳の中村ナオコは『鏡の国』から襲撃してくる死者に対処する極秘組織〈株式会社HRA〉特殊警備部の一員である。

しかし彼女は驚くほど普通だった。そしてここは日本だった。

彼女はR18G指定の怪物〈虚像〉と戦いつつも、その一方では東京都渋谷区に働く平凡な女性として生活を送らなければならない。
目下の悩みは、相棒兼上司である山田志保の存在である。ツンドラ地帯並みの冷徹さをもつ彼をまえに、ごく平凡な彼女の胃は痛むばかりだ。

そんななかCEOのマルコ・ジェンキンスに呼びだされるナオコ。
「山田くんの不正を暴いてほしい」との唐突な提案に、クビの危機。

ナオコは同僚のロシア人(だと自分で思っている筋肉だるま)の相浦ケビンや、淑女がそのまま具現化したような新藤由紀恵の協力をえながら、山田の不正を暴こうと奮闘する。

はたして彼女は山田の不正を暴くことができるのか?
それ以前に人間として彼にみとめてもらうことができるのか?

R15 残酷な描写あり オフィスラブ 日常 スプラッタ 異能力バトル 冒険 ラブコメ ダーク ギャグ 女主人公 現代 ファンタジー 恋愛 シリアス ネット小説大賞七感想
全112話[303,406文字]
各話平均2,709文字
[推定読了10時間7分]
お気に入り登録:50件

評価人数:14人(平均4.4pt)

最新作投稿:2019年01月15日(18:17:05)
 投稿開始:2018年09月14日(21:40:40)
 投稿期間:4ヶ月

最近の総ポイント変動
今日223

±0

昨日223

±0

一昨日223

+2

3日前221

+2

4日前219

+2

5日前217

+14

6日前203

±0

7日前203




ページのトップへ戻る