Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2021/10/27未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N8197HC 0pt
連載中

ミトリとシキ 〜彼女が処刑されるまでに必ず叶えてあげたい8つの願い事〜

るっち

全2話[6,426文字] 異世界〔恋愛〕 R15 残酷な描写有り
「ほれっ、ここがお前の新しい住まいだ!」

 看守に背中を押され入ったところは、重罪を犯した者だけが入る堅牢な牢獄である。
 そんなところに閉じ込められた俺の名はミトリ。
 今までに犯した罪は数知れないが、一つとして悪事を働いたとは思っていない。
 何故ならこの国で苦しむ人達を救うために、腐った貴族や悪政を敷く王族に楯突いただけなのだから。

 しかし悪政で民を苦しめる、あのクソ国王にした仕打ちは流石にやり過ぎたかも……なんせ、俺のスキルで真っ裸にして城のてっぺんから逆さ吊りにしてやったからな。
 しかも、あの時に見たケバ王妃の顔ときたら……くくくっ……

 とまぁ、重罪人となった俺は牢獄スローライフを送ろうかと思っていたが、隣の牢屋にいる重罪人と出会うことになり……

『あ、あの、お隣に越してきた方でしょうか?』

 まるで俺が引っ越してきたかのような言い草だ。
 そんな呑気な話しではないんだけどな。
 けど、それでもお隣さんが女性だと知れたのは大きい。
 何故ならこれでヒマしないで済むのだから。
 それに、あわよくばムフフなことも……

 そんな妄想しつつ、なんだかんだで互いの話をすることになるが……

「私の名はシキと申します。昨日まで王女様の影武者として従事しておりました……ですがーー」

 シキが語った経緯に驚愕し、そして激しい怒りを覚えた。それはシキに対してではなく、王族に対してだ。
 何故ならシキは罪など犯しておらず、そのうえあまりにも無慈悲で無責任な話であり、とても王族がする所業とは思えないからである。

 そんなシキを助けたい一心で俺はある提案をすることに……

『俺ならシキをこの牢獄から脱出させられる! だから、俺とここを出て一緒に暮らさないか?」

「私は処刑されなければなりませんので、お誘いを受けるわけにはいきません……」

 という感じで断られたんだけど、せめて何か願い事は無いかと聞いてみたところ……

「実は、処刑を言い渡される前からしてみたいことが8つほどありまして……もしも叶うなら、それらを全てしたいです……」

『よしっ! 2人で全部叶えちゃおう!』

 こうして、シキが処刑されるまでに8つの願い事を2人で叶えることになった……

『シキが処刑されるまで、あと13日……』

R15 残酷な描写あり 悲恋 オリジナル戦記 冒険 異世界 恋愛 純愛 願い事 男主人公 唯一のヒロイン 衝撃のラスト ESN大賞3 がうがうコン1 新人発掘コンテスト 123大賞 コミックスピア大賞1
全2話[6,426文字]
各話平均3,213文字
[推定読了0時間13分]
お気に入り登録:0件

評価人数:0人(平均--pt)

最新作投稿:2021年07月31日(19:33:30)
 投稿開始:2021年07月30日(19:21:30)


ページのトップへ戻る