Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2021-03-04未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N8031GT 0pt
連載中.

櫻華の桜

shio

全27話[27,118文字] 純文学〔文芸〕 R15 残酷な描写有り

 満開の桜の下、黒髪を後ろに結んだ黒耀の瞳の少女が校舎に向かっていた。
 名は妙月櫻華(たえつき おうか)。今は、多くの学生の一人でしかない。

 世には「魔」が存在していた。そして、古より魔を伏し滅してきた者を人はこう呼んだ。国を護る者、防人(さきもり)と。
 櫻華が学ぶ白峰(しらみね)女学院は防人育成学院だった。そこに転入生がやってくる。
 菜の花色の髪をした褐色の肌の少女。八大名家が一つ、「識」家が娘。識神楽(しき かぐら)。

 神楽が転入してから数日。突然、学院に漆黒の鎧武者、魔が現れた。
 学生達が逃げ出す中、襲い掛かる鎧武者の前に櫻華が立つ。
 櫻華は静かに顔を上げ見つめると、鎧武者を桜と変えた。

 魔を破る術には二つある。

 魔を滅する破魔(はま)。
 魔を華と散らせ生命の輪廻へと戻す散華(さんげ)。

 だが今は散華の思想に疑問がもたれ、破魔が正統となり散華の術者はいないとされていた。
 散華を使った櫻華は孤立した。散華を認めるわけにはいかない。
 そんな中、神楽は櫻華に笑い伝える。死に場所を与えてやる、と。
 再び現れる魔。神楽が見つめる中、櫻華は一人戦いに臨む。
 傷つき術衣を血で紅に染めながらも、櫻華は桜を散らせ舞い続けた。

 そして、生死の境へと至った時、千載の桜が咲き誇った。

R15 残酷な描写あり オリジナル戦記 時代小説 女主人公 人外 和風 シリアス 明治/大正 戦い 少女
全27話[27,118文字]
各話平均1,004文字
[推定読了0時間55分]
お気に入り登録:0件

評価人数:0人(平均--pt)

最新作投稿:2021年03月04日(00:29:57)
 投稿開始:2021年02月06日(00:56:53)

最近の総ポイント変動
今日0

±0

昨日0

±0

一昨日0

±0

3日前0

±0

4日前0

±0

5日前0

±0

6日前0

±0

7日前0




ページのトップへ戻る