Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2021-08-07未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N7853GV 120pt
完結済.

呪われてしまった異世界転生者だけど、今日も元気に生きています

文字満

全96話[332,899文字] ハイファンタジー〔ファンタジー〕 残酷な描写有り 転生
 井ノ上土筆は転生者だ。
 物語に限らず主人公とは無縁の人生を歩み、子宝にも恵まれ、それこそ、日本政府がモデルケースとして用いるような極めて平凡なサラリーマンだった。

 極めて平和な人生を歩み、子育ても一段落し、老後のプランを考え始めた矢先、出張先で突然意識を失い、そのまま帰らぬ人となってしまった。

 多少の未練を残しながらもこの世にしがみつく程でも無く、魂が帰す場所である輪廻《りんね》へと還る予定であったのだが、その途中、ここ異世界ラズタンテの神を自称する存在《アティアノス》により掬い上げられたのだ。

 それが偶然なのか必然なのか、それこそ正に神様のみぞ知る所なのだろう。

 土筆はアティアノスと名乗る神からの神託を受け入れ異世界ラズタンテへ転生する事になったのである。

 しかし、光が強ければ闇もまた深くなるのは世の常だ。

 土筆がラズタンテの地へと転生する一瞬の隙を突かれ、敵対する魔王の妨害により呪いを受けてしまったのである。

 幸運にも転生は無事終えることが出来たのだが、受けた呪いにより能力が大幅に制限されてしまう。

 転生後、土筆が身を寄せていた教会に神からの啓示を受けた高位の神官が入れ替わり立ち代わり訪れては解呪を試みたのだが、誰一人として成功する者は現れず、最終的に新たな使命を担い再出発する事で落ち着いたのだった。

 御《み》使いとして現れたコルレット=ラザ=フリルの計らいによって、同じような境遇にある天使メルト=リト=アルトレイと供にメゾリカの街に拠点を移し、新しい使命を果たす為に活動を始めるのであった。

*この小説は他サイトでも投稿を行っています。

残酷な描写あり 異世界転生 日常 冒険 異世界 ESN大賞3 ほのぼの 男主人公 西洋 がうがうコン1 OVL大賞7M 集英社小説大賞2 HJ2021 キネノベ大賞2 ネット小説大賞九感想 新人発掘コンテスト
全96話[332,899文字]
各話平均3,468文字
[推定読了11時間6分]
お気に入り登録:31件

評価人数:8人(平均3.6pt)

最新作投稿:2021年08月02日(09:33:36)
 投稿開始:2021年03月15日(00:15:36)
 投稿期間:4ヶ月

最近の総ポイント変動
今日120

±0

昨日120

±0

一昨日120

±0

3日前120

±0

4日前120

±0

5日前120

±0

6日前120

±0

7日前120




ページのトップへ戻る