Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2019-11-14未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N6982FM 961pt
連載中.

群像転生物語――幸せになり損ねたサキュバスと王子のお話――

宮島更紗/三良坂光輝

全162話[501,384文字] 異世界〔恋愛〕 R15 転生
白石悠人と東条つばさ。
十六歳の高校生、幼なじみである二人はお互いに意識をしながらも進展のない日々を送っていた。
そんなある日、二人は輝く石碑に遭遇する。そして何者かに襲われたふたりは、愛する者の死を見つめながら死んでいった。

【序章】
気がつけば、そこは魔族の街だった。
つばさが目覚めると、目の前にいるのは人外の姿をした魔族達。そして、つばさの体もサキュバスの幼体に変化していた。
「私がサキュバスって……でも、お母さんもお父さんも優しいし、生意気だけど可愛い弟もできたし、ま、いいか」
平和な世界で第二の人生を得たつばさは、スローライフを堪能する――

―― 一方、……

大陸東半分を支配する強国『ルスラン王国』。
その第五王子として生まれ変わった悠人は苦悩していた。
「周りを見渡せば、謀略、策略。親族は皆、敵か味方か分からない。本当に、この世界は過酷だ」
誅殺を避けるため辺境国の守護任務を受け入れた悠人に、新たな魔の手が忍び寄る――

【一章】
魔族の街に転生したつばさは、二度目の十六歳を迎えていた。
魔族の生活に溶け込んでいたつばさだったが、ある日、母から魔族独自の価値観、愛情を聞かされる。
心は人間、体は魔族のつばさに苦悩と葛藤が訪れる。

【二章】
魔族たちが暮らす街ブルシャン。そこでつばさは家族や仲間とともにスローライフを送っていた。
すっかりと魔族の生活にも慣れたつばさだったが、ある日、一羽のユニコーンと出会う。
隣町シャラクから旅をしてきたユニコーンの苦悩を聞き、つばさは仲間の魔族とともに立ち上がる。

【三章】
平和な魔族の街に不吉な影が――
サキュバスの力を安定させる為、つばさは魔族の街を離れドラゴンと暮らしていた。
新たな生活にも慣れてきたある朝、つばさはドラゴンから人間が進軍してきたことを知らされる。
遊びに出かけていた子ドラゴンを助ける為、つばさは人間達に立ち向かう。

一方、その頃――

――それぞれの世界、それぞれの事情。転生したふたりの男女が織りなす、群像物語。

※ダブル主人公の群像劇です。
※登場人物が命を失う可能性がある世界です。
※タイトルにサキュバスが入っていますが(過度の)エロ要素はありません。期待された読者様、ごめんなさい。
※残り書き溜め 24万文字程度

R15 異世界転生 異類婚姻譚 身分差 悲恋 オリジナル戦記 冒険 群像劇 男女主人公 異世界 すれ違い 幼なじみ 魔法 サキュバス 王子 HJ大賞2019 ESN大賞
全162話[501,384文字]
各話平均3,095文字
[推定読了16時間43分]
お気に入り登録:350件

評価人数:29人(平均4.5pt)

最新作投稿:2019年11月13日(16:00:30)
 投稿開始:2019年05月11日(20:25:22)
 投稿期間:6ヶ月

最近の総ポイント変動
今日961

+4

昨日957

±0

一昨日957

-2

3日前959

±0

4日前959

±0

5日前959

±0

6日前959

±0

7日前959




ページのトップへ戻る