Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2020/10/27未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N6827FN 146pt
短編

時をかける貴之くんと別に時をかけないゆうひちゃん

岡崎マサムネ

全1話[8,160文字] 現実世界〔恋愛〕
「驚かないで聞いて欲しいんだけど」
「うん」
 放課後、囲碁将棋部の部室の片隅で、私こと「ゆうひ」は友達の「貴之くん」とオセロの盤を挟んで向かい合う。
 貴之くんは最初の石を置きながら、いつものくだらないお喋りよりも、ちょっとばかりシリアスなテンションで切り出した。
 なんだろう。普段はただの友達だけど、そんな真面目な雰囲気を出されるとちょっとドキドキしてしまう。もしかして、貴之くんも私のこと……とか、思っちゃいそうだ。
「俺、タイムリープしてここにいるんだ」
「うん?」
「それというのも、実は俺はゆうひちゃんのことが好きで、今日ゆうひちゃんに告白するんだけど」
「うん!?」

これは時をかける貴之くんと、別に時をかけない私のお話。

スクールラブ 日常 青春 ラブコメ タイムマシン タイムリープ ハッピーエンド
全1話[8,160文字]
各話平均8,160文字
[推定読了0時間17分]
お気に入り登録:7件

評価人数:14人(平均4.7pt)

最新作投稿:2019年05月30日(00:42:06)
 投稿開始:2019年05月30日(00:42:06)


ページのトップへ戻る