Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2020-09-18未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N5993GK 0pt
連載中.

ゆきいろ四葉の幸福論

鳥路

全6話[37,577文字] 現実世界〔恋愛〕 R15 残酷な描写有り
渡辺深幸は自他共に認める「不幸人間」だ
毎日怪我を増やし、ありもしない罪を問われ、厄介ごとに巻き込まれる
そしてその不幸は、時として他人を傷つける
できるのならば、誰とも関わらずに生きていきたい
そしたら、誰もこの不幸で傷つけることはない
けれど、彼らはそれを赦してくれない
彼らは俺を赦さない
誰も傷つけたくないから孤独でいたい
自分が傷つくのももう我慢できないから、外にすら出たくない
孤独も隔離も赦してくれないなら死を選ぶしかない
けれどそれすら赦してくれない
生きることを、ただ強要するように願う
彼女は、特にそうだ
高校入学してすぐの事
俺はある人をかばって両腕を折る大怪我を負ってしまったらしい
それをきっかけにして厄介な人物が付きまとうようになった
その人物の名は雪時香夜
この学校の生徒会長であり、学校一のやっか・・・お節介な人だ
「両腕が使えない渡辺君に代わり板書をします!」
「来年受験なんだから自分の教室に帰って授業を受けてもらえますか」
両腕を使えなくなる事故をキッカケに紡がれる、俺と先輩の何気ない日常
少しの楽しさも、幸福も俺はその中に覚えてはいけない
俺は、彼女を助けられなかった罪を未来永劫償わなければならないから
幸せを、覚えてはいけない

これは、幸福を望まない不幸少年とお節介な世話焼き生徒会長が送る
たった一つの幸福を見つけるまでの御伽噺だ
赦されない罪を抱えて生きる先には何があるだろうか、まだ彼らは知らない

R15 残酷な描写あり スクールラブ 現代 微シリアス 男主人公 不幸 幸福
全6話[37,577文字]
各話平均6,263文字
[推定読了1時間16分]
お気に入り登録:0件

評価人数:0人(平均--pt)

最新作投稿:2020年09月17日(01:10:03)
 投稿開始:2020年08月08日(01:21:20)
 投稿期間:1ヶ月

最近の総ポイント変動
今日0

±0

昨日0

±0

一昨日0

±0

3日前0

±0

4日前0

±0

5日前0

±0

6日前0

±0

7日前0




ページのトップへ戻る