Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2020/09/23未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N5989GE 78pt
連載中

ドラゴニュートで楽しい異世界無双生活

ドラゴン大好き

全11話[35,562文字] ハイファンタジー〔ファンタジー〕 R15 転生
全ての現象には前兆があると思っている。だけど私の身に起こったそれは、なんの前触れもなかった。

私は夢咲リオ。田舎の高校に通う中学2年生の私は、ヘルメットを被り自転車に乗り、田んぼと田んぼの間を通り抜け、学校へ通学していた。

今日の授業は体育だ、楽しみだな~などと呑気なこと考えていた所、小さな隕石が後頭部に直撃し、私の意識は途絶えた。


―――――――意識が戻ると、どこまでも続く白い床の上に私は寝ていた。

「私は死んでしまったのか」

なぜかどのようにして死んだのか理解していた。私の頭は割れたスイカのようになり、死んだことに気付いていない私の心臓の働きによって辺りは真っ赤に染められていた。

過去のことは忘れ、現状を確認する。

床は硬く白い大理石のようだった。今目覚めたはずだが、硬い床に寝てしまった時のような体の痛みは無かった。

むしろ今の今までで最高級の分厚いベッドマットに寝ていたような満足感を得ていた。

「はわー、映画マト〇ックスの世界に来たみたいですぅ」

心の整理がついて余裕が生まれた瞬間、どこからとも無く綺麗なエフェクトと共に、いかにもな女神のような存在が舞い降りてきた。そして透き通った声で語りかけてきた。

「隕石が原因で死ぬ確率は実は低くありません。将来巨大な隕石が衝突し、地球の皆さん全員が同じ運命をたどるのです」

「はわわ…もしかして、異世界転生ですか?」

「物分かりが良い子は好きです。サービスしてあげます。」

「それじゃあ、異種族で、姿がほぼ人間のドラゴニュートっていけるです?」

女神は鷹揚にうなずいた。
「いけます」

こうして私の異世界転生が始まったのであった。

R15 異世界転生 オリジナル戦記 異能力バトル 冒険 シリアス ギャグ ほのぼの ダーク 女主人公 人外 西洋 中世 超能力 チート
全11話[35,562文字]
各話平均3,233文字
[推定読了1時間12分]
お気に入り登録:15件

評価人数:5人(平均4.8pt)

最新作投稿:2020年09月18日(21:49:40)
 投稿開始:2020年04月27日(03:48:37)
 投稿期間:4ヶ月

ただいま集計作業中

02:30頃までこの欄は表示されません




ページのトップへ戻る