Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2018-11-09未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N5773FB 81pt
連載中.

日本時空異聞録

笠三和大

全3話[25,394文字] 空想科学〔SF〕 R15 残酷な描写有り 転移
平成も終わろうとしている日本国。その終わりの年である平成31年の元日になった直後の深夜、日本国は突如各種衛星からの通信が途絶し、更に世界各国との連絡も取れなくなってしまう。
 この事態を不審に思った日本国政府は直後に非常事態宣言を発令し、周囲の状況を確かめるべく各方面に『P―3C』対潜哨戒機及び『P―1』対潜哨戒機、更に、近海を飛行している筈の航空機を確認するために『E―767』早期警戒管制機を東西南北の各方面に飛ばした。
 その間政府はマスコミを通じて国民に真実を伝え、調査中故に報道を待って欲しいという事で国民のパニックを防ぐ事に成功する。
 結果判明したのは、日本の西側にある筈のユーラシア大陸が見当たらない事、しかし対馬より更に200km先に巨大な大陸がある事であった。
 更に、平成最後の元日を祝して打ち上げる予定だった最新型の観測衛星を急遽打ち上げて調べた結果、その大陸はアメリカ大陸と全く同じ形をしている事が判明する。
 しかし、その大陸にアメリカの街並みは確認できず、当然の事ながらアメリカの駐日大使館やアメリカ政府とも全く連絡は取れなかった。だが、哨戒機が飛行する中で原始的な暮らしを営む集落を発見する。
 日本政府は急遽使節団を構築し、アメリカ大陸と思しき大陸に上陸、沿岸部に住む集落に接触する。
 そこに住んでいた者達は人間に近い容姿をしているが、まるで動物の様な部位を体に備え、動物の様な能力を発揮する事が出来る人々を発見し、接触を試みた。
そしてそれと同時に、ただ過去へタイムスリップしただけでなく、これまで認識していた地球とは異なる進化を遂げた人類……亜人類と呼ぶべき人々が暮らす並行世界に転移してしまったのではないかという判断を下した。
 彼らが国を持たない存在であると認識した日本は、アメリカ大陸がまだヨーロッパによって開拓されていない時代の物であると考え、1か月ほどをかけて原住民の部族達に次々と接触を持って友好関係を構築し、瞬く間に大陸を平和裏に制圧下に置いた。
 日本は食料と資源の確保のためにこの未開拓のアメリカ大陸を、国を挙げて開拓する事を決意し、次々と関連企業を送り込んで開拓を進めさせる事にした。

R15 残酷な描写あり 異世界転移 オリジナル戦記 IF戦記 近未来
全3話[25,394文字]
各話平均8,465文字
[推定読了0時間51分]
お気に入り登録:24件

評価人数:4人(平均4.1pt)

最新作投稿:2018年11月08日(22:12:53)
 投稿開始:2018年10月18日(23:05:44)

最近の総ポイント変動
今日81

±0

昨日81

±0

一昨日81

+2

3日前79

+4

4日前75

+4

5日前71

±0

6日前71

+9

7日前62



笠三和大 先生の他の作品

連載中 [N5782FB] kwsk 日本時空異聞録・概要


ページのトップへ戻る