Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2018-07-17未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N5766EU 195pt
連載中.

魔剣に転生したけど使い手がチート過ぎて私の存在価値が危うい

ゆとりの和田

全36話[83,049文字] ハイファンタジー〔ファンタジー〕 転移 転生
 「我が銘は炎の精霊剣メル! 人間よ、我が刀身にたっぷりと血を吸わせてくれよ?」
 剣に宿る精霊として転生したは良いが、作製後に放置されること千年。ようやく会えた少年をそそのかし、使い手にした。そこまでは良かったが少年の様子がどうもおかしい。
 「これが魔法よ。使えるようになるには長年の修行が必要だけど、それまでは私がサポートを……え? もう覚えた?」
 「食べられる野草、食べられない木の実。旅をするに必要な知識は多いわ。でもゆっくりと覚えていけば……え? もう覚えた?」
 「この魔物は外皮が固いけど、関節などの脆いところを狙えば……ちょっと! 素手で破壊しないで!」
 少年は一度教えれば大抵のことは覚え、身体能力も高く、魔力量も多い規格外の少年だった!
 あれ……? 私、必要なくない? いやいや、まだ私には知識量と魔力制御がある!
 これは剣に宿る褐色美少女に転生し、使い手に捨てられないよう必死に自身の有用性をアピールする魔剣の物語である。なお、なんやかんやで勘違いされながら使い手には大切に扱われる模様。

異世界転生 異世界転移 魔剣 人外転生 女主人公 ファンタジー 観光 無機物転生 魔石 チート ほのぼの 勘違い
全36話[83,049文字]
各話平均2,307文字
[推定読了2時間47分]
お気に入り登録:66件

評価人数:7人(平均4.5pt)

最新作投稿:2018年07月16日(19:25:20)
 投稿開始:2018年06月05日(23:10:39)
 投稿期間:1ヶ月

最近の総ポイント変動
今日195

+2

昨日193

+6

一昨日187

+4

3日前183

+2

4日前181

+12

5日前169

+14

6日前155

+2

7日前153




ページのトップへ戻る