Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2020/01/22未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N5655FY 12pt
連載中

皇女と候補生と航宙軍艦カシハラ号

もってぃ

全20話[146,651文字] 宇宙〔SF〕
辺境宇宙エデル・アデン星域の覇権国家たるミュローン帝国が、突如として星系同盟の自由都市テルマセクを侵攻した。同市を訪問中にこの異常事態に遭遇した星系同盟航宙軍の練習艦カシハラが、同市に留学中であったミュローン皇女を保護したことから物語は始まる。
帝国内外の様々な人々の思惑と謀略の余波から皇女は唯一人の皇位継承権者となり、混乱の最中に艦長以下の正規乗組員を失ったカシハラは、皇女を乗せ帝都へと候補生だけで艦を発進させ帝国軍の包囲からの突破を図ることとなる。

追尾する帝国軍の装甲艦をからくも排除し、宙賊の本拠地では駆け引きを繰り広げ、淡い恋をし、大事な人を失い、それでも候補生らは帝都を目指す。彼らの故郷、星系同盟のオオヤシマは表裏を使い分け、カシハラの航宙に有形無形の影響力を行使しつつその行末に注目する。

一方帝国の中枢も決して一枚岩ではなく、皇女を廃せんとする『第一人者』の閥と皇女を迎え入れようという王党派に割れていた。帝国内の主導権争いも水面下で激化していく。
帝国と同盟、双方の動きに艦内が揺れ動く中、王党派との接触に成功した候補生らは皇女を王党派の艦に託し、自らは強大な帝国軍を帝都上空から誘引するための囮となることを決断する。

その目論見の通りに彼らは帝国軍の主力艦を吊り出すことに成功し、皇女の帝都入りに一役を買うことになる。王党派と候補生らの尽力により、皇女は新皇帝として戴冠した。
そしてカシハラは、星系同盟より事態の帰趨を握るべく派遣された航宙軍と共に、強大な帝国艦隊を前に最後の戦いに臨むこととなる。

壮大で長大な遠い未来の宇宙の歴史──。その一エピソードを切り取った七週間の青春群像劇。旅の中で若者たちは成長し、世界はほんの少し変わる。


※本作は『航宙軍士官学校次席のオレは、首席の無茶に付き合わされて死線を超える……!』
  を修正し改題したものです(文章を直してはいますが内容的には何も変わってはいません)。

※カクヨムでも投稿しています。

オリジナル戦記 スペースオペラ シリアス 未来の星間国家 青春群像劇 ミリタリー ヒューマンドラマ SF軍記物語 政治情勢 宇宙戦艦 ストレス展開あり 数話まとめ読み推奨
全20話[146,651文字]
各話平均7,333文字
[推定読了4時間54分]
お気に入り登録:3件

評価人数:1人(平均3pt)

最新作投稿:2020年01月22日(16:00:00)
 投稿開始:2020年01月13日(11:00:00)


ページのトップへ戻る