Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2020/09/22未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N5596EC 119pt
完結済

雨が匂い立つ夕暮れに

枢 呂紅

全2話[8,226文字] ホラー〔文芸〕
 雨の匂いが近づく夏の夕暮れ時、一人の青年が小さな喫茶店を訪れる。店主は冷たいアイスコーヒーを振る舞いながら、裏の潰れた遊園地にまつわる不思議な話を語り始めた。それは、ミラーハウスから逃げ出してきたという奇妙な男の物語であった。
 
 夏のホラー2017参加作品です。
 短編のつもりでしたが、前後編となりました。

夏のホラー2017 ミラーハウス 裏野ドリームランド
全2話[8,226文字]
各話平均4,113文字
[推定読了0時間17分]
お気に入り登録:8件

評価人数:12人(平均4.3pt)

最新作投稿:2017年07月10日(22:07:33)
 投稿開始:2017年07月10日(21:49:31)


ページのトップへ戻る