Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2021-04-12未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N5481GU 496pt
完結済.

奇婦人メアリの誤算 〜みんなから遠巻きにされているのに、なぜか美貌の聖人様に気に入られてしまいました〜

森 湖春

全47話[118,742文字] 異世界〔恋愛〕 R15
これは、機械いじりが趣味の風変わりな令嬢と幽霊が見える聖人様の、ちょっぴりスチームパンク風な恋の物語。

霧の街ロディムには、奇婦人と呼ばれる令嬢がいる。
没落気味の伯爵家令嬢、奇婦人メアリ。

メアリはいつも、機械油とバニラの香りをまとっている。
それは、彼女の趣味が機械いじりだから。

彼女がつくる機械は一級品だが、女がつくったからという理由で見向きもされない。
それを当然だと思っていたメアリの前に現れたのは、街でうわさの聖人様⁉︎

女のくせにと説教されるのかと思いきや、ずっしり重たい財布を出されて……。

「買いたいのだが?」
「この機械は一つしかつくっていないので……あなたさえよろしければ、好きな時に来て使ってくださってかまいませんよ」

関わるまいと思っていたのに、初めて褒められたメアリはつい余計なことを言ってしまって──。


※感想、レビューは大歓迎です。
※ポイント評価して頂ける場合は、下部の★をポチッとお願いします。
※あくまでスチームパンク(空想科学&オカルト)風なので、ツッコミはお手柔らかにして頂けると幸いです。

R15 年の差 スチームパンク スチームパンク風 ハッピーエンド 聖人 発明家令嬢 ほのぼの 追放 婚約破棄 幽霊 ゴースト ざまぁ(少しだけ)
全47話[118,742文字]
各話平均2,526文字
[推定読了3時間58分]
お気に入り登録:107件

評価人数:31人(平均4.5pt)

最新作投稿:2021年04月09日(17:10:04)
 投稿開始:2021年02月19日(22:48:58)
 投稿期間:1ヶ月

最近の総ポイント変動
今日496

±0

昨日496

±0

一昨日496

+12

3日前484

+2

4日前482

+12

5日前470

-2

6日前472

-2

7日前474




ページのトップへ戻る