Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2018/08/19未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N4211EW 156pt
完結済

死辱の蟲

浦切三語

全10話[49,654文字] ホラー〔文芸〕 R15 残酷な描写有り
あの寺に奉納されていた虫の彫像は、ひどく奇怪で恐ろしく見えて、それでも、なんとも言えぬ悲哀の念が込められておるのを、感じたのでございますよ――

雨の降りしきる真夜中の頃、N県八日町の駐在所に、一人のスウェット姿の男が、ずぶ濡れになって駆け込んできた。駐在所の番をしていた巡査長の大原は、男を招き入れると、何用でこんな真夜中に駐在所を訪ねてきたのかと問い質す。すると男は、隣町の無碍野町(むげのちょう)で十年前に発生した、女子高生失踪事件の真実を話すためにやってきたのだと言うではないか。どこか陰を孕んだ男の気に当てられて、大原は男に話をするように促した。
謎めいた男が語る女子高生失踪事件の真実。それは、無碍野町に伝わる「でんぐり様」と呼ばれる民間伝承にまつわる、世にも恐ろしい「人の悪意」についての話であった。

R15 残酷な描写あり サスペンス 怪談 サイコホラー 民間伝承 ややNTR 微グロ ダーク 芋虫めいた何か 凌辱 第二話から独白形式 行方不明事件 山奥の寺が舞台 夏のホラー2018 ムサカリ絵馬を リスペクトしてます
全10話[49,654文字]
各話平均4,965文字
[推定読了1時間40分]
お気に入り登録:35件

評価人数:9人(平均4.8pt)

最新作投稿:2018年08月06日(23:32:45)
 投稿開始:2018年07月11日(23:04:02)

ただいま集計作業中

02:30頃までこの欄は表示されません




ページのトップへ戻る