Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2018/05/27未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N3735EB 44pt
連載中

わりとそばにある境界線

悪夢の果てに嘲うにゃんこ

全4話[9,270文字] ホラー〔文芸〕
関東地方のとある港湾都市にある大型スーパーにて自分たちは警備員をしている。そのスーパーはいわゆる曰く付きとも言えるような場所で、毎日のように様々な事件が起きていた。

案外日常と非日常の境界線はわりと身近にあるものだと思い知らされつつも、だからと言って仕事を放り出す訳にはいかないわけで。

そんな体験談、お届けします。

日常 怪談 ほぼ実話 語り手≠作者 語り手=作者の同僚 オチは多分ない 不定期更新 霊感 警備員
全4話[9,270文字]
各話平均2,318文字
[推定読了0時間19分]
お気に入り登録:13件

評価人数:2人(平均4.5pt)

最新作投稿:2018年01月26日(21:45:24)
 投稿開始:2017年06月20日(01:22:03)
 投稿期間:7ヶ月

ただいま集計作業中

02:30頃までこの欄は表示されません




ページのトップへ戻る