Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2020-07-05未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N3211GB 406pt
連載中.

やられ役悪人面の俺、実は最強の絶対神ゼウスです〜やむを得ず力を使い三大公爵家令嬢を救っていたら、何故か皆が皆求婚を迫ります〜

マーフィラス芹澤

全15話[36,610文字] ハイファンタジー〔ファンタジー〕 R15 残酷な描写有り 転生
「俺は人間界で罪滅ぼしがしたい」
「はぁっ!? 何を言っとるんじゃお前は……?」


 神々の中でも頂点に君臨する唯一無二の神であるゼウス。
 彼は「力のある神の子孫繁栄は何よりも優先される事項である」とする天界の掟を忠実に守り続けた。
 しかし、そのために愛する者を犠牲にしてしまったことに疑問を感じていた。
 そこでゼウスは罪滅ぼしの手段として、二度とは戻れぬ天界に別れを告げ、人間界で善行を積み重ねることを決心し、信頼のおける愛らしいパートナーであり愛用の武器でもある雷霆ケラウノスと共に地上へと舞い降りる。
 しかも二度と女性を悲しませてはならないと自身に固く誓っていたため、わざと絶対にモテないような人間に、具体的にはやられ役悪人面の、更には没落子爵家の生まれを選択し、おまけに人前では常に道化を演じると決めていた。
 
 さて、これで万事順調。
 あとは人間に化け、人知れず善行を繰り返し、なけなしの贖罪を積み重ねてゆけるのだーー


 ーーゼウスはそう考えていたのだが。


「ゼウス君! 是非私と結婚してくれ!!」
「いーやアタシだ! ひっこんでなヒンチチ高慢女!」
「じゃあゼウス君? 間をとって私にしよ?」
「何が間ですか! ゼウス様は家柄も近しいこの私と結婚すべきです!」


 いくら全知全能の神であれ、予想だにしない出来事などは当然に起こりうる。
 それもとりわけ恋する乙女の力が関係していればなおさらである。
 ゼウスが舞い降りた先の地、ラドルフシュテット帝国の誇る三大公爵家の超絶美少女達をやむを得ず救ってしまったことをきっかけに、彼女達を筆頭にして数多の超絶美少女達に次々と嗅ぎつけられ、ゼウスの隠ぺい工作もむなしく、果てには求婚まで迫られてしまうのだった。

「何故だ!? 俺はモテたいと思って、そんな俗な考えで人間界に降りたわけじゃないのに!!」

 ぐいぐいと超絶美少女達に腕を引っ張られるゼウスの心の叫びなど誰にも、ましてや神になど届くはずもないーー
 
 これは恋する乙女の力を見誤った唯一無二の最強絶対神ゼウスによる、異世界美少女救済転生無双禄ーー

R15 残酷な描写あり 異世界転生 主人公最強 鈍感 チート ハーレム 主人公は延々と無双 モテすぎ 恋愛 ざまぁ 一部シリアス 男主人公 ご都合主義 唯一無二の最強絶対神 魔術
全15話[36,610文字]
各話平均2,441文字
[推定読了1時間14分]
お気に入り登録:96件

評価人数:23人(平均4.7pt)

最新作投稿:2020年07月04日(04:32:36)
 投稿開始:2020年03月01日(14:52:04)
 投稿期間:4ヶ月

最近の総ポイント変動
今日406

-2

昨日408

±0

一昨日408

±0

3日前408

±0

4日前408

±0

5日前408

+4

6日前404

-2

7日前406




ページのトップへ戻る