Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2020-04-05未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N3073FO 1,877pt
連載中.

最強の冒険者と呼ばれた俺が最高の冒険者を目指した訳

ちょび蘭丸

全271話[1,014,896文字] ハイファンタジー〔ファンタジー〕 R15 残酷な描写有り

 ゴミ漁りをしていた少年は、たまたま通りかかった奴隷商人に拾われた。
 少年に与えられたのは体を覆うボロ布一枚だけ。

 奴隷商人は少年に32号と名前を付けた。
 番号で呼ばれ、奴隷として過酷な扱いを受け続けた少年は心を閉ざす事を覚えた。
 それは少年に出来る唯一の自己防衛だった。

 ある時、魔物に襲われ大怪我を負ってしまった少年は、奴隷商人に森の中に置き去りにされてしまう。

 魔物の彷徨く森の中で一人。
 不安と恐怖に震えながら死を待つだけだった少年の元に一人の老人が現れた。

 老人の名はオルド。
 木こりを生業としていた老人は、森で見つけた少年を不憫に思い、家に連れ帰ると看病を始めた。

 献身的に看病を続けたとは言え、常人離れした速度でみるみる回復していく少年の姿にオルドは驚愕する。

 魔物に受けた傷口は完全に塞がったものの、少年が心を開くことは無かった。
 言葉は理解しているらしいが、黙っているばかりで喋ろうとはしない。

 それでもオルドは少年を見捨てなかった。
 服を与え、食事を与え、若い頃に冒険者として培った知識、人間として生きる為に必要な知識を夜な夜な語って聞かせた。

 ある日、オルドは木こりの仕事の最中に魔物と遭遇してしまう。
 もうこれまでだと悟ったオルドの前にあの少年が現れた。

「爺さん。まだ、死ぬな」

 少年はそれだけ言うと、武器も持たず、素手で魔物をあっという間に倒してしまった。

 オルドは安堵した。
 自分の命が助かったからでは無く、少年が初めて言葉を発した事に。

 だが、振り返った少年の目は魔物のそれだった。

 指先から滴り落ちる魔物の血と同じ色。
 全身に真っ赤な返り血を浴びて尚、紅くギラつく瞳は人間の物では無かった。

 怯えた目で自分を見つめるオルドを見た少年はそのまま立ち去ろうとした。
 去り行く少年の背中を見たオルドは、少年に別れの言葉では無く、名を与える事にした。

「待て。どうせ名も無いのじゃろ。たった今からお前の名はレイヴン。レイヴンと名乗るがいい」

「レイヴン……」

 噛み締める様に名前を呟いた少年はそのまま姿を消した。

 そして数年後ーーー

 レイヴンと名付けられた少年は冒険者の街で第二の人生を歩み始める。

R15 残酷な描写あり 身分差 オリジナル戦記 日常 冒険 最強 冒険者 ダンジョン 騎士 剣聖 賢者 魔剣 魔人 チート無し 悪魔 魔眼
全271話[1,014,896文字]
各話平均3,745文字
[推定読了33時間50分]
お気に入り登録:771件

評価人数:39人(平均4.3pt)

最新作投稿:2020年04月04日(23:44:20)
 投稿開始:2019年06月11日(10:08:58)
 投稿期間:9ヶ月

最近の総ポイント変動
今日1,877

+4

昨日1,873

+2

一昨日1,871

+14

3日前1,857

+6

4日前1,851

+4

5日前1,847

+8

6日前1,839

+4

7日前1,835




ページのトップへ戻る