Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2020/11/28未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N2879FW 22pt
短編

自称「神」は、人生最後に褒美をくれるそうです

春日千夜

全1話[2,499文字] ローファンタジー〔ファンタジー〕
地球最後の日が、突然やって来た。
多数の人類と共に死んだ俺の前に神が現れ、幸せだった過去に一日だけ戻してくれるという。
一日だけ戻ってもどうにもならないだろうと、俺は思っていたが……。

タイトル通り、人生最後に褒美をもらう俺のお話。

=====
この作品は、カクヨム様で開催されていた板野かも様主催の自主企画
第5回 #匿名短編コンテスト・過去VS未来編 【過去サイド】 https://kakuyomu.jp/works/1177354054891211495‬
に、出品した作品です。

結果→全140作品中、56位!

カクヨム様にも、同作品を投稿しています。

日常 青春 男主人公 現代 地球最後の日 過去改変 切ない ほっこり
全1話[2,499文字]
各話平均2,499文字
[推定読了0時間5分]
お気に入り登録:1件

評価人数:2人(平均5pt)

最新作投稿:2019年11月16日(11:16:47)
 投稿開始:2019年11月16日(09:48:03)


ページのトップへ戻る