Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2020-10-23未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

日間最高
60
2020年08月10日
週間最高
123
2020年08月11日
日間最新
274
2020年09月06日
週間最新
275
2020年08月18日
N2701FF 12,556pt
連載中.

レベル596の鍛冶見習い ~ちなみに勇者さんは、レベル54で、獣の森をようやく踏破したところだそうです~

寺尾友希

全120話[499,808文字] ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 オイラはノア。
 十四歳の犬の獣人で、鍛冶見習いだ。
 オイラの父ちゃんは、「神の鍛冶士」「竜王の鍛冶士」と大層な二つ名を持つものの、鍛冶以外は生活力皆無のダメ人間。そんなダメダメな父ちゃんに言われて、鉱石や鍛冶素材を集めに奔走していたオイラは、気が付けばレベル596になっていた。
 無自覚に出入りしていた危険地帯の魔獣に追われ続けたせいで、逃げ足だけは超ー速くなり、竜から妖精まで、人外の友だちもたくさん出来た。
 そんなある日、オイラの自己流の鍛冶をたまたま見た父ちゃんが、ぷるぷると震えて叫んだ。
「なんだ、その、スキルと素材の無駄遣いはぁぁぁっっっっ!?
 金属が泣いてるっ、素材集めなんぞ行かなくていい、きっちりがっちり鍛冶修行だ!
 俺が根本から鍛え直してやるっ」
 半年間みっちり鍛冶修行をさせられたオイラは、とうとう父ちゃんから、「合格」のひとことをもらい、自分の鍛えた武器を売っていい許可をもらった。
 手始めに、ご近所さんと親戚のジェルおじさんに、オイラの打った農具や武具をもらってもらおうと出かけたオイラだったけれど……
 あれ?ジェルおじさんが働いてるのって、お城だったよね?
 お城って広すぎて、ジェルおじさんがどこにいるのか分かんない!?
 とりあえず探そうとお城の中に入ったオイラは、奥のほうでジェルおじさんを発見する。
「なんでノアがここにいる!?」
「え、いや普通に走って」
「途中の何か所か騎士が何人も門番をしてなかったか?」
「あ、あれ、避けたよ? オイラに気づいてもなかったし」
「避けた!? 気付いてない!? 国の精鋭たちだぞ!?」

 無自覚な最強鍛冶見習い、ノアのちょっと間の抜けた冒険譚。
 サクサク気軽に読めるお話にするつもりです。

冒険 異世界 ほのぼの 鍛冶 主人公無双 農業 妖精 職業もの ダンジョン 獣人 スローライフ もふもふ 雑学 書籍化
全120話[499,808文字]
各話平均4,165文字
[推定読了16時間40分]
お気に入り登録:4,718件

評価人数:352人(平均4.4pt)

最新作投稿:2020年10月22日(19:34:43)
 投稿開始:2018年12月28日(18:08:21)
 投稿期間:1年9ヶ月

ただいま作業中

しばらくの間この欄は表示されません


日間ランキング
ランク順/日付順
60位
2020年08月10日 828pt
62位
2020年08月09日 854pt
78位
2020年08月08日 594pt
83位
2020年08月11日 670pt
109位
2020年08月12日 454pt
150位
2020年08月13日 360pt
251位
2020年08月14日 238pt
274位
2020年09月06日 212pt
週間ランキング
ランク順/日付順
123位
2020年08月11日 2898pt
275位
2020年08月18日 1556pt


ページのトップへ戻る