Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2020/11/24未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N1344GP 310pt
連載中

【7000pv達成】フジヤマト商店のローグライクで不思議な商売 〜ダンジョンで儲かるのは探索者じゃなく、彼らに武器を売るものだ〜

さぶろくじゅうはち郎

全15話[54,084文字] ローファンタジー〔ファンタジー〕

『文 明 崩 壊』
この四文字が頭をよぎった。

崩れ行く東京の街並み。まるで人の命を養分にしてるかのようにアスファルトを割って急激な成長を遂げる木々。
B級映画のワンシーンみたいなできの悪い光景が、背筋が寒くなると同時に、どこか他人事のように冷静になってる俺は自覚した。

大きな地鳴りと風景の変化は、時間にすると1分だろうか。もしかしたら10分かも、いや30分かもしれない。
俺と妹、そして両親は、その間一言も発さなかった。

父さんの「とりあえず車に戻ろう」という言葉が聞こえたのは、地鳴りが収まったしばらく後だった。
高尾山の麓にある駐車場も漏れなく割れ、木々に覆われていた。
アウトドアが趣味な父さんのランドクルーザーのおかげで、ボロボロになったアスファルトをなんとか進むことが出来た。

車の中では誰も「なぜ」とか「どうして」と言わなかった。
たぶん、誰もその答えを持っていない事が明白だったからだろう。

それから俺たちは救出活動や食料確保などに奔走したのだが、その時の事は正直、覚えていない。
ただ言えるのは、あまりに苦しく、救いようのない状況だったという事だ。


八王子地区の避難所に着いた際、自衛隊員にこの惨状に着いて聞いてみた。
不確定要素が大きく、末端は何も知らないのとほぼ一緒だと言っていた。

ただ、どうやら原因の一部と見られている大穴が何箇所もある、ということだけは聞いた。
後にその大穴は「ダンジョン」と名付ける事になる。


ダンジョンでは人間にとって非常に有益な"物"が取れた。
その中で最も人類に求められていたものは『魔石』である。

魔石は、風力や火力、原子力などの発電機構に代わるエネルギー源として機能し、更にエネルギーの抽出に複雑な機構を必要としない、殆どの発電機構を失った我々にとって、夢のようなアイテムだった。

無数に存在するダンジョンから、人々の生活を賄う程度にそれらを発掘する事は、自衛隊だけでは難しかった。
そして作られたのが民間でもダンジョンに関する事業や探索に関する制度、DSSだった。

そこから人々はダンジョンについて詳しく知って行くことになる。
中の構造が一日ごとに変わっている事、文明の利器が通用しない事、そして『魔物』と呼ばれる生物が存在している事などだ。

日常 異能力バトル 冒険 ほのぼの 男主人公 現代 超能力 ダンジョン ローグライク 商売
全15話[54,084文字]
各話平均3,606文字
[推定読了1時間49分]
お気に入り登録:82件

評価人数:16人(平均4.6pt)

最新作投稿:2020年11月17日(13:17:07)
 投稿開始:2020年11月05日(22:00:00)

ただいま集計作業中

02:30頃までこの欄は表示されません




ページのトップへ戻る