Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2020-03-23未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N1307EU 158pt
連載中.

二人芝居

アキ

全32話[117,760文字] ヒューマンドラマ〔文芸〕
 東京の下北沢にある劇団ハロウィンで劇団員十七名惨殺事件が発生。犯人の名前は景山幸雄。大きな体と醜い顔をしたフランケンシュタインのような男。彼には夢があった。醜い顔の自分が俳優になって世間を見返したい。そう思って入った劇団で役をもらえない腹いせに仲間の団員を木製バットで撲殺するという残忍な犯行に及ぶ。彼に与えられた罰は死刑。死刑執行中に彼は心の中で、来世ではこんな醜い顔じゃなくて、イケメンに生まれ変わりたい。そう呟いて死んだ。
はずだった。死んだはずの景山が目を覚ますと、イケメン俳優桐山日向の体に魂が入り込んでいた。何が起こったのか景山自身も理解出来なかった。すぐにこれは神がくれたチャンスだと気づく。イケメン俳優桐山日向の体を使って俳優としての人生をやり直すことが出来る。景山は人生再スタート計画を実行する。
世間では桐山日向は顔だけの大根役者として認知されているため、仕事はほとんどなかった。景山には関係なかった。自分の演技力には自信があった。景山は名が蓮培って来た演技力で大根役者桐山日向を演技派へと成長させた。
 景山が俳優生活を満喫していると、眠っていた桐山の意識が戻る。桐山は景山に自分の体を返すように要求するも拒否される。桐山は景山に一つの条件を出す。それは演技をする時だけ体を貸すこと。俳優生活を送りたかった景山は二つ返事で了承する。
 二人の共同生活が始まるも上手くはいかなかった。入れ替わりたい時に都合よく替われず、安定しない演技のせいで俳優の仕事は激減。
 景山は桐山の演技を上達させるための特訓をすることを提案する。桐山は頑なに拒否をする。俳優として生き残るために景山の懸命な説得により桐山の演技特訓が始まる。

 ブサイクな演技派死刑囚とイケメン大根役者が俳優桐山日向というダブルキャストで主演を務める“二人芝居”が開幕する。

青春 男主人公 現代 ハッピーエンド マンガUP!賞1
全32話[117,760文字]
各話平均3,680文字
[推定読了3時間56分]
お気に入り登録:28件

評価人数:11人(平均4.6pt)

最新作投稿:2020年03月22日(11:13:04)
 投稿開始:2018年05月28日(07:56:11)
 投稿期間:1年9ヶ月

ただいま作業中

しばらくの間この欄は表示されません




ページのトップへ戻る