Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2020-01-20未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N0392FZ 0pt
完結済.

ランナー真美の願い(3)

でこぽん

全5話[49,011文字] ヒューマンドラマ〔文芸〕
 高校生の篠原真美がケニアのナイロビで、現地の人と心のふれあいをする物語です。

 十八歳の少女真美は、時間を止める能力を持っている。だが、陸上競技にはその能力を決して使わない。なぜならば、ズルして勝っても何も得るものが無いことを、彼女は知っているためである。真美は太陽のように明るく、能天気だが、人一倍の努力家だ。
 彼女は、昨年のU20世界陸上競技大会女子三千メートル走で負けたマアンギに勝つため、極端な前傾姿勢で走る訓練を積み重ねた。
 極端な前傾姿勢での走法を習得した真美は、インターハイで疾風のように駈けて、他の選手全てを回周遅れにして優勝する。これで真美は、U20世界陸上競技大会の資格を得る。
 ケニアのナイロビで開催されるU20世界陸上競技大会に出場した真美は、マアンギが白血病で亡くなったことを知る。ケニア代表のマイアもマアンギを尊敬していたが、マアンギが白血病だったため、目標を失っていた。
 真美とマイアは、マアンギに永遠に勝てなくなったことを悲しむ。その後、真美はマイアと競争し、勝利する。だが、マアンギがいない大会で、真美は孤独だった。
 気分転換に誘われたピアノ・リサイタルで、真美は旧友の白井玲子と再会する。驚いたことに、玲子が奏でるピアノの旋律を聴くと、死んだはずのマアンギが現れた。そしてマアンギは、真美にある願いを頼む。
 白井玲子の見送りのために空港へ行った真美は、偶然マイアと会う。そこへテロ集団が現れ、飛行機を爆破しようとする。マイアは父親が乗った飛行機を守ろうとテロ集団の妨害をしたため、銃を向けられるが、真美がマイアを救う。だが、その影響で真美は傷を負う。
 玲子は皆に安らぎを与えるため、テロ集団と交渉し、ピアノを奏でる。すると、奇跡が起こり、テロ集団は、玲子のピアノ演奏で無邪気な子供の頃を思い出し、涙を流す。

青春 超能力 時間停止 マラソン 白血病 高校生 ケニア 陸上競技 ピアノ ギャグ シリアス 女主人公 現代 マンガUP!賞1
全5話[49,011文字]
各話平均9,802文字
[推定読了1時間39分]
お気に入り登録:0件

評価人数:0人(平均--pt)

最新作投稿:2020年01月18日(16:00:00)
 投稿開始:2020年01月15日(16:00:00)

最近の総ポイント変動
今日0

±0

昨日0

±0

一昨日0

±0

3日前0

±0

4日前0

±0

5日前0

±0

6日前0

±0

7日前--データ未取得



ページのトップへ戻る