Nコードで小説の詳細情報を検索
ちょっと面倒だなという方へ

データ取得:2020/04/06未明

おしらせ

新ツール『時間毎PVカウント保存ツール』是非登録お願いします。

N0308GB 4pt
連載中

イミタチオ・クリスティ キリストにならいてを考える

舞夢

全46話[17,766文字] エッセイ〔その他〕
イミタチオ・クリスティ(キリストにならいて)は、成立後約500年。
著者はドイツ出身の目立たぬ修道者トマス・ア・ケンビス(1379~1471)。
しかし、ラテン語手写本が300種を超え、ラテン語印刷本が2000種以上。
19世紀末には、ほとんど全ての近代語訳が成立。
我が日本には、慶長5年(1596)にローマ字版日本語訳、その後平仮名訳、明治以降は10種以上の著名な訳が刊行されている。
さて、それほどまでの書物は、現代に生きる我々に、どんな示唆を与えてくれるのだろうか。
ここに、興味深い文を抜粋し、じっくりと考えてみたい。

尚、参考文献は、講談社学術文庫など。
※カクヨムにも掲載しています。

シリアス
全46話[17,766文字]
各話平均386文字
[推定読了0時間36分]
お気に入り登録:2件

評価人数:0人(平均--pt)

最新作投稿:2020年04月05日(22:00:00)
 投稿開始:2020年02月24日(22:00:00)
 投稿期間:1ヶ月

ただいま集計作業中

02:30頃までこの欄は表示されません




ページのトップへ戻る